恒例の新年会は、いつものように昼時に実施しますので、アルコールはなし、お茶で乾杯です。それでもおおいに盛り上がるのは、毎回手の込んだ余興のおかげです。さて、今回の余興は「上毛かるた」。県外の方はご存じないかも知れませんが、群馬県民なら誰もが知っている、子供の頃から親しんだお馴染みのものです。最近は大人の上毛かるたが密かなブームで全国大会まで行われているようです。
当日は、何十年かぶりに味わう独特の緊張感の中で、上毛かるたを楽しみました。驚いたのは、かるたの読み手。誰が読むのかと思ったら、なんとスマートフォンです。上毛かるた+αという無料のアプリがあるんですね。これをスマホにインストールすれば、毎回ランダムに、しかも正確に読み上げてくれます。これなら手軽に練習ができる、なんと優れたアプリではありませんか。まさにAI時代を肌で感じました。

【吉田】