戦略会計STRACをご存じですか。これは、西順一郎先生がソニー在籍のときに開発したもので、戦略(ストラテジイ)と会計(アカウンティング)をかけ合わせた造語です。私がSTRACを知ったのは、もうかれこれ30年以上も前。今の会社の前身である群栄商事グループに入る前、超ブラック企業で夜中まで働いていた頃でした。目標売上高必達であえぐ中「売上高はあてにならない」という衝撃のコピーで、売上高よりも粗利を重視する考えに目から鱗が落ちたのを良く覚えています。
 今年度は、いろいろなセミナーに参加して経営の勉強をしてますが、その中でこの戦略会計STRACの話題が、異なるセミナーで度々登場。脈々と浸透しているのを実感しました。
 会計とありますが、専門用語などがわからなくても、どうすれば利益が出るのかが直感的に理解できるものです。西先生は「難しいことを分かりやすく教える天才」と言われていましたが、まったくその通りです。
 会社そのものを下記のような図で表します。この図なら見たことがあるという方もいらっしゃるかも知れません。KKD(経験と勘と度胸)から脱してより戦略的な経営へとシフトできます。
「利益が見える戦略MQ会計」等、参考文献もいくつかありますので、ご興味のある方はどうぞ。